【貝ボタンとは】 貝殻で製造したボタンのこと

 

貝の厚みや大きさ、貝の持つ真珠層の輝きなどで貝ボタンとして使用できる貝は限れています。

 

貝ボタンの性質:熱には大変強い反面、衝撃には弱い性質があります。

(クリーニングなどのプレスで割れる場合が多いです)

 

しかし通常の使用においては、貝ボタンが割れるなどはほとんどありません。

 

割れる貝ボタンはこちらを参照してください

 

 

貝ボタンと偽物貝調ボタンの見分け方はこちらから

 

 

【一般的に貝ボタンとして使用される貝】

白蝶貝:2枚貝 白蝶真珠の母貝 白く高貴な虹色を放ち、貝ボタンの王様として君臨しています。

 

 

 

 

黒蝶貝:2枚貝 黒蝶真珠の母貝 黒系の奥から出てくる虹色が人々を魅了する貝ボタン

 

 

 

 

茶蝶貝:2枚貝 マベ真珠の母貝 柔らかな茶色をし優しい虹色を放ち あたたかな風合いが自慢の貝ボタン

 

 

 

 

高瀬貝:巻き貝 貝ボタンに一番多く使われる貝 ボタン裏面が緑や赤色の柄が特徴

 

 

 

 

アコヤ貝:2枚貝 アコヤパールの母貝 大変綺麗なパール色をし ヨーロッパで多く使われている貝ボタン。

 

 

などが貝ボタンとして一般的に多く使われる貝となります。

 

 

その他の貝はこちら

 

 

 

一つ一つ貝殻をくり抜いて作る貝ボタンは、二つとして同じ風合いをしていません。

全て違う表情を見せてくれる それこそが貝ボタンの最大の魅力かもしれません。